ふるさとの森探検

2017年6月28日(水曜日)

16日に年長児がふるさとの森に遊びに行きました。

7つの班に分かれ、『ふるさとの森~だ~ず』の鈴木さんを中心に志田榛原農林事務所・各指導者の方が、

一班に1人ずつついてくださり、1時間くらいふるさとの森の中を探検しました。

専門ジャンルを持っている指導者の方々の話は、知らないことがいっぱい。

どの班もとっても楽しい時間を過ごすことができました。

それぞれの班の様子の写真とコメントを少しずつ紹介します!

 

出発前のオリエンテーション。

「この時期、はちは単独行動をして

巣をつくる場所を探しています!

みつけたら、小さくしゃがみその場から

離れるようにしよう!」          いざ出発!!

 

 

 

 

   「いまここにいるよ。    

    これからずーっとこの道を通って

     ふるさとの森の中を探検に行くよ。」

 

 

 

 

「野草が大好き ひーばぁです。

どくだみは、薬です。

葉っぱと花で味が違うんだよ!」  ぱくっ!!  

 (あっ・・・ひーばぁー食べちゃった^^)

 

 

 

 

  「おおきなまつぼっくりがたくさん落ちてるよ!

  ふるさとの森には小さいまつぼっくりも

  どこかに落ちてるよ。

  松の葉っぱは普通は2つ。

  でもこの松の木は、3つ葉っぱが

  くっついて落ちてるから探してみよう。」

 

 

 

「この小川に、どんな虫がいる??

このたもで・・・ (さっとアメンボをGET!)

アメンボは、甘いにおいんがするんだよ!」

採った後、1人1人に匂いをかがせてくれました。

 

 

 

  「私は、この森に住んでいる仙人じゃ!

  あそこにトンボが2匹。 オスとメスで色が違うぞ。」

  別の時間に、鳥と会話ができると笛を吹いてくれました。

  そしたらなんと・・・・  

  山の中の鳥が「ぴぴぴぴぴぴ」と返事をしていました!!

 

 

 

 

のんたん「野原に、虫がいるかな?

みんな探してみよう。」

…あっ、帽子に青虫…^^

「この虫何だったかな?

後で図鑑で調べてみよう!」

 

 

 

 

  「昔はこうして手紙を書いてたんだよ。」

   字が書けるはっぱに、名前を書いて

   班のみんなに渡していました。

 

 

 

 

「各チームみんな帰って来ましたかぁ?

みんなも、山のこと好きになって下さい!!」

 

 

とっても楽しいふるさとの森探検でした。

指導員の皆さん、ありがとうございました。