園外保育

2019年11月5日(火曜日)

21日(月)、お弁当をもって、各学年園外保育にでかけました。

学年ごとの様子を公開します。

 

≪年少≫

年少さんにとっては、約3キロの長い道のりでしたが、「おにぎりあるよー。」「ゼリー持ってきた。」

と、お家の人が作ってくれたお弁当を楽しみにがんばって歩きました。

 

近所の方たちが「いってらっしゃーい」と手を振ってくれて、嬉しかったね☆

 

おいしいお弁当の後は、芝の上をごろごろ転がったり、公園の遊具で身体いっぱい遊びました♪

トカゲやバッタ、テントウムシもたくさん見つけましたよ!

「また行きたいよー。」「どんぐりお土産にするぅ。」と大喜びの子どもたち。

とても楽しい1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


≪年中≫

目的地は、年少さんと同じ「このはな公園」。

でも、今日は細江の方から龍眼山の山に入りました。

坂道で上り坂をがんばると、眼下に牧之原市内の様子がみえ、

振り返ると子ども達からも「わぁー」「すごーい」と歓声が上がりました。

 

「お弁当まだかなぁ」「早く食べたいなぁ」ととても楽しみにしていた子どもたち。

このはな公園につくとすぐにお弁当を食べました。

食後は年少さんたちと一緒にあそんで、少し早めに出発。

年中さんは帰りも歩いて園に帰りました。

何とか雨も降らず、よかったです。

来年は、園長先生ともっといっぱい歩きます!

 

 

 

 

 

 

 


≪年長≫

秋の遠足は、他の学年と違いがんばりハイクと言っています。

山を登っていくと、栗やどんぐり、お茶の実など秋の実りがたくさん。

お家の人へのお土産にみんな拾っていました。

旧片浜小までは遠く、お弁当を楽しみに頑張って歩きました。

疲れた顔で、「こんないっぱい歩いたことない!」

と、言っていた子も到着したときは達成感のあるとても良い笑顔をしてました。