第2回 プログラミング教室

2021年2月10日(水曜日)

前回に続き5、6人ずつのグループになり各グループに1台、

ゆうすけ先生がアイパッドとレゴブロックを用意してくれて、教室がスタートしました。

 

 


ブロックを組み立てるだけでなく、パット上でアイコンを並べてスタートを押すと、

うねうねうごきだしました。

どうやらその動きは、イルカのようです。

今回はさらに音のセンサーもつけて動かしてみました…

「みんなの「がんばれー」という声に反応して元気になったりゆっくりになったりするよ。」

と、ゆうすけ先生。

実際には、声の内容に反応するのではなく人の声の大きさ(10段階)に比例して、

速度が変わるということでした。

 

 


レゴブロックには直接触っていないのに、パッドを通してプログラミングするとブロックが動く…。

そんな不思議な経験に今回も子ども達は大きな歓声を上げていました。

 

次回は、3月に3回目のプログラミング教室をゆうすけ先生に開催してもらう予定です。